スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊戯王5D's 第45/46話~感想

マーサが死んだ!! ラリーも死んだ!!
(ウルトラマンタロウ的な)

タカとブリッツとナーヴも死んだ!らしいがどうでもいい

牛尾は死ななかった!


久々にオレの特殊能力を発動。
しかし今回ほどちゃんと前回感想を書いておかなかったことを後悔したことはねえ!!

こんなに前回の予想を裏切られマクリタインな展開になるとは……。

それを書いてないもんだから、この裏切られた感も伝えられないっていうね。

だがそれでも、このm.m.ただでは転びませぬ。
せっかくだから新しい記事の書き方を試してみる。

ちゅーわけで以下、

前回感想
  ↓
今回感想


という並記形式で書いてみようと思います。

箇条書き風味でポイントごとに絞って書けるから、意外といけそうな気がしてきた。


(前回)
牛尾さん、これは死んだか?

ってゆーかこの大プッシュぶり、死んででももらわないと間尺に合わん。
その活躍と人間関係の広がりを半分でいいからヤツに分けてやってくれ……。あの人はもう思い出だけど。
                     ↓
(今回)
うは、生き残ったwww

子供たちをかばって散るのが牛尾じゃなくマーサ、というのは今回のビックリドッキリポイントの一つだったわけですが、そんな死亡フラグを回避してなお上昇しているらしい牛尾株。
いつの間にマーサの犠牲に深く傷ついたり、遊星やジャックをファーストネームで呼んだり、彼らから頼りにされるほど親しくなったねん……。
まあ、前回の30分の間ですね、分かります。

こうも堂々と非常時のドサクサにまぎれられると、もう何も言えん。(笑)
差別主義者のセキュリティを「さん」付けで呼ぶとは、アキも丸くなったなぁ。←

まあ、マジな見方をすると、やっぱり牛尾さんはデュエリストだったから生き残ったんでしょうねえ。
戦闘員が生きて非戦闘員が脱落するって逆だろって気もしますが、なんというかこう、やはり遊戯王世界において「戦いの舞台に上がる」ためにはある種の強さ、力を持っていることが求められるってことなのでしょう。
ある程度デュエルの知識と実力がないと、解説役にもなれないしね……。

で、予告を見る限り今後の出番は双子の専属ドライバーか……。
この役は別に雑賀さんでよかったんじゃ……。←

いやー、我ながらなんとも急速な牛尾離れ。
牛尾さん好きでしたけど、それは敵役出身のサブキャラにあるまじきおいしい要素がたくさん詰まっている独特なキャラクターだったからで、実際にそれをおいしく活用されてしまうと逆に魅力とは思えなくなってしまうという……。
困った性分です。私だけかなあコレ?
前回冒頭のように、余計なことを言ってジャックにニラまれるくらいの立ち位置がちょうどよかった気がするんですけどねえ。個性が出てて。

(前回)
やっぱり最近のジャックはキングっていうよりゴリラに見えるな……。
「オレはサテライト出身だ! それがどうかしたか!」とか「言うな、安いぞ!」とか、カッコイイことはカッコイイんですけど、どうも脊椎反射的というか、感情のままに喋っているというか、ケンカ番長っぽいというか……。
顔が良くてガタイもいいもんだから、余計頭は悪そうに見えるんだよな……。(ファンの方ごめんなさい)
                     ↓
(今回)(→ちょっと修正しました)
まさかのキングバリアー!!

そうか……キングとは、自分一人でキングでいられるものではないんですね。
身を呈してファンの子供たちを守る、今回のジャックの颯爽とした活躍からは久々に彼が持つキングの美学とプライドを感じとることができました。

前回のマーサに対するロイヤル紳士っぷりもそうでしたが、彼をキング(あるいはキングを目指す者)として認め、敬い、慕ってくれる人がいるからこそジャック・アトラスはキングとして振る舞うことができる、というわけだ。

そういえばキングの肩書きを失って苦悩していた時も、カーリーの「新たなジャック・アトラスとして生きればいい」という言葉を受けて復活していましたし……。
意外と他人の言葉に影響受けるというか、他人の期待に答えて生きるのが似合っているのかもしれないですね。
そこを自らの意志だけで突き進もうとすると、客観的な視点や人間としての余裕を欠いて若干ゴリラに見えると……。

いや、それはともかくとしても、この非常時にバリアー張りながらニヤニヤしてるのはどうかと思うよ……。
それだけ遊星を信用してるってことなのかもしれないけど、敵のボスを前にしてるんだからもう少し緊張感持とうよ……みたいな。

ジャックを見ていて思うことは、やっぱり海馬の芸風はオンリーワンなのだなぁ……ということですね。(爆)

(前回)
ダークシグナーの首魁・ルドガー。
いきなり出てきて主人公と戦い始めちゃうわ、キャラデザや性格も(強そうではあるけど)意外と小物っぽいわで、正直、微妙な印象……。
「サテライト壊滅のビジョンに比べて炎の地上絵が小規模」とか言われてるし、まさかかませじゃあるまいな!?
                    ↓
(今回)
「私の弟、レクス・ゴドウィン!!」

ナニヌーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!

い、今時そんな、兄弟オチだなんて……。←
マンガ版スクライドじゃないんだから……。

その有り得なさも含めて、あまりにも不意打ち過ぎましたよこれは。
また本人不在のところで急に大事なことをバラすのかよ……!!
アニメを見ていてこんなに驚愕させられたのは二十ウン年生きてきて初めてかもしれない。

ゴドウィン黒幕説を根強く信じて疑っていなかっただけに、こうも分かりやすいその「上」が出てきた挙げ句、父親の関係者ということで主人公との直接的な因縁まで燃え上がらせてくるとは思いもかけず、このCM入りの展開には心底ビビってしまいました。
部屋で一人で叫んだもの。

これはやっぱり、シグナーである弟とダークシグナーとなった兄との因縁みたいな話になっていくのか……!?

「地上絵の規模が小さい」って、ルドガーの力が不足してるってことじゃなくて単純に「本人じゃない」って伏線だったのね。
そう言われてみると、この遊星との緒戦はルドガーの悪辣なやり口とともに、「あそこまで一行を追い詰めておきながらまだ全力ではない」というアピールにもなっているわけで、なかなか上手い展開だったのかもしれません。

敵を待ち構えるのではなく、迎えに行って引きずり出してしまいには強烈な先制パンチまで叩き込むという容赦しなさっぷりも、まさにヤル気満々って感じで実に素敵です。

以前の感想でも書きましたが、vsダークシグナーは図式としては単なる5対5マッチなのにも関わらず、「戦争だ」って感じが強く出ているのが凄いですよね。

どんなに話のスケールが広がろうと「フェアプレイ・フェアデュエル」が身上であった前2作に比べて、本作ではデュエルというものが完全に一つの「戦いの手段」として描かれているのが大きいのでしょうか。
カーリーをSATSUGAIしたディヴァインのサイコデュエル然り……。

とくに作品の根幹であるシグナーとダークシグナーはフェアプレイどころか完全なるケンカ腰だもんなぁ。
互いが互いを「対戦相手」などではなくはっきりと「ぶっ倒すべき敵」と認識している感じです。

……う~ん、わざわざそのことを思い知らせに来たルドガーは、やっぱり凶悪なボスキャラだわ。

ただ、ラリーを利用して遊星と戦わせた今回の企みについては、どちらかというとラリーたち一般人の命は虫ケラ程度にしか考えていなくて、それ故の座興という感じだったので個人的にはツボじゃあなさそうです。
ラリーの命が重いということを重々承知した上で、あえてこういうむごいショーを演じさせて自分が楽しむというのが真の悪だと思うですよ。

そんなルドガーの召喚した神は、『地縛神ウル』。

神機王ですね、分かります。

融合して『地縛神機王ダブウル』とかにならんもんかなあ。
効果は噛み合ってなくてガッタガタになりそうですが。

といったところで今週の感想は以上。
……やっぱり二回分の感想を書くことに変わりはなく、しっかりしんどいということが分かった。(爆)

ついに両軍の役者が出揃って、次回からは直接対決が開幕。

初戦は双子vsディマク……以前予想したような複雑なドラマが展開されることは別段なく、互いのドラゴンと地縛神が一緒くたに封印されているという対立構図で終わりそうです。

しかしこれは単純ながら分かりやすくて面白い構図。
ドロドロすりゃいいってもんじゃない
ですよね、やっぱり……子供だしね。

龍可ちゃんがいよいよ次のパックで登場予定のエンシェントフェアリードラゴンを甦らせるまでの間、龍亞が場繋ぎで戦うことになるようですが……。

ここまで来たら普通に負けてほしいなあ。
四戦全敗。
偉大な記録やないか!!

ディマクさんは色が黄色でデカキャラで地上絵がサルという、いかにもアレな感じの敵キャラなので、ドラマとしては双子の絆に集約する戦いになるんでしょうか。
しかしまだ、両親の伏線とかあるからなあ……。

今回のような超展開を見せつけられると、まったく油断はできないぜ!


【次回感想に続く】


↓ランキング参加中……とな?↓
にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zonwaru.blog49.fc2.com/tb.php/47-a16e31fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

検索フォーム

目下、希望の星。

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。