スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊戯王5D's 第42話 「集結! 赤き竜の戦士たち!」~感想

3クールを経過して、ついに結成『赤竜戦隊シグナーファイブ』。

というわけで、半総集編でありました。

ただ、「いや、それはもういいから……」というほどの遡り方をせず、今後の展開に関わりそうな要素だけをスマートに整理してくれていたことは大変好感。

どこかのガンダムみたいにえんえん二人の主人公の行き違いの軌跡ばかり見せられても困ってまうんでね……。遊星もジャックも物分かりのいい奴で本当に良かったわい。

イリアステルの祭壇を前に、シグナーたちに語られる真実……の一端。

「いずれ分かります」キター。
私は常々ゴドウィンの声は中田譲治さんで脳内再生しているのですが(小手伸也さんが悪いというわけでは全然ないですが)、このもったいぶり方、まさに中田キャラの風格。
結局敵のことはほとんど何にも分かってなくて、自分のことは隠したまんまなんじゃないか……。

この流れで一気に「5人目はどこにいるんだ!?」
「それは私です」
「な。なんだってー! ΣΩΩΩΩΩ」
みたいなカミングアウトが来るのかと思いきや、見事にお茶を濁しやがったよ。

「あなたがたが危機に陥った時に必ず姿を現す」って、お前はデカマスターか。少なくとも遊星はついこの間絶体絶命だったよ。

最近ゴドウィン大好きの自分がいるから困ります。
「自分自身」を最大の隠し玉とすることで、他者を踊らせ、自分の思い通りの物語を描く。悪いなぁコイツ。
そういう悪役は個人的に一番悪いと思うと同時に、非常に魅力的だとも感じてしまいます。

ゲキレンジャーのロンもそうでしたね、はい。

まあ、それもこれも彼が5人目のシグナーだということを前提とした話なんですが……あの左腕の伏線がある以上、私はそう信じてます。
龍亞? あんなウザガキ知らないね。
いいんじゃないですか、ただでさえフルボッコの彼には心配してくれる人がいっぱいいるし……。

おじさんはね、シグナーじゃないのにシグナーたちと肩を並べて戦う、そればかりかシグナーである妹を守るほど強くなる、っていうキャラクターの方がむしろオイシイと思うんだ。城之内ポジションだよ。
ここまでフルボッコされた以上、そう簡単に「シグナーでしたー(シグナーになりましたー)、勝ちましたー」で済ませて欲しくはないだな、男として……。反骨心とかプライドというものがだね……(以下略)

それにしても龍亞に対する「お前はシグナーじゃないんだよ」アピールは徹底してますねぇ。
もちろん現況の整理話であった今回、それを視聴者に改めて伝えておく意味はあったんでしょうが、使うカードまで一人だけ機械族で物理的にハブにするとは恐れ入った……。

そういった扱いの徹底ぶりも含めて、ファイブディーズは本当にキャラ描写に関してブレがないですよね。
ジャックなんかも「オレはもうキングではない」を貫いてますし、今回はそれ以上に遊星の担当だからといって自分も鬼柳のチームメイトであったことを忘れたりしてないのが素晴らしかったと思います。

そしてチームメイトといえばもう一人……。

次回クロウの出番がキター!!(今回は回想での登場なのでノーカウントということで)

って、イエーガーに突撃するのかよ!?

究極の存在感はすごいがいらない子対決だなコレ……。

てっきり潜伏期間を終えるやいなや鬼柳相手に仇討ち&返り討ちのクロウ祭が開催されるんだと思っていたのに……。
まあ、次のパックで新手のBFも登場するようですしし、さすがにもう一回くらいはデュエルしてくれるのでしょうが。
……GXのあの人も、そうやってオープニングにもう一体炎のドラゴンがいるのを信じて待っていたけど何もなかったんだけどね……。

ダークシグナーとの決戦突入を前に、現在は溜めの段階といった雰囲気。
いつの間にやら、こういったキャラの心情を拾っていく展開でもきちんと興味が引かれる内容になっていることは、一本のアニメ作品として頼もしい限りです。

ただ……あと十話じゃ終わらないよねコレ。
続投ヤホーイ!


【次回感想に続く】


↓ランキング参加中……とな?↓
にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zonwaru.blog49.fc2.com/tb.php/32-c0c3a577
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

検索フォーム

目下、希望の星。

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。