スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K-1 WORLD GP 2008 決勝戦~感想

放送翌日とはいえ今更っちゃあ今更なんですけども、中学生の時分から毎年楽しみに観ている大会ですので、感想を書かせていただこうと思います。

どうしても、決勝で起きた「問題」を軸に書いてしまっていますが……。
この記事はあくまでTV中継を視聴した上での個人的な感想であり、すべての出場選手、または関係者各位を非難したり、名誉を傷つける意図は一切ありません。
どうぞ理解ください。

まあ、こんなん書いてはいるけれども、これといってなんにも過激なことは書いていないんですけどね。ヨホホホホ!


いやー……面白い大会でしたね。
今回はアーツバンナといった一部のレジェンドを除いて、有名無名を問わず若くて勢いのある選手が揃っただけに、エキサイティングな試合が多かったです。
「世代交代」というにはまだ早いかもしれませんが、見た目には歴戦の猛者たちの実力を、若手たちのアグレッシブさが凌駕していた印象を受けます。

とりわけ一回戦でアーツを完封、準決勝でエロジマンエロール・ジマーマン)を逆転KOにて完全粉砕と、凄まじい戦果を見せたバダ・ハリが今大会の主役だったことは言うまでもないでしょう。
何よりも両試合からは、バダの優勝、チャンピオンに懸ける意志の強さが見えていた気がします。
アーツ戦からはたとえ相手が「永遠の格上」であっても、自らの100%の力でねじ伏せてみせるという意気込み(それがあの圧倒的強さを支えていたように思う)が、ジマーマン戦からはたとえダウンを奪われても決して番狂わせは許さないという底力と根性が、それぞれ垣間見えました。
一回戦の試合後、リングに膝をついてアーツに礼をする姿、準決勝の逆転KOがそれらを象徴していたように思います。
「派手にぶっ倒された後、かさにかかってトドメを刺しにきた相手を乱打戦の果てに返り討ちにする」というのは彼の必殺技の一つですが、今回のジマーマンはそれを理解してか充分に慎重でした。
でありながら、それならばとばかりに普通に反撃してペースを掴み、ダウンを奪い返すというのは、確かな実力と意志の強さなくしてはできないことだったと思います。

かたや、もう一人のファイナリストはレミー・ボンヤスキー
言わずと知れた、連覇を遂げた王者経験者です。
しかし成功と挫折の差が顕著な人でもあり、プライベートが落ち込んでいた時期には試合内容も煮え切らないものが多かったりしました……。
が、今回はまさしく戴冠当時を思い出させる充実ぶり。準決勝では対戦相手を彼の代名詞・フライングキックで捉えての見事なKO勝利。あれはサキ、アバラにヒビくらいはイッてるね。
バダの逆転パンチ同様、目の覚めるような素晴らしい勝ちっぷりでした。

そんな激闘ばかりだったのにも関わらず……あるいは、ジリジリとした消耗戦がなかったことが幸いしたのか、昨今のトーナメントにありがちなリザーブファイターの登板もなく、堂々たる強さで勝ち抜いてきた選手同士の決勝戦と相成りました。
バダとしては、二人の王者経験者・アーツとレミーを続けざまに倒せば、まさしくGP完全制覇。しかもアーツは予選でディフェンディングチャンピオン・シュルトを、レミーは準々決勝で無冠の帝王と呼ばれるバンナを下しているのですから、もはや文句なしでしょう。
レミーとしても、今年の顔であり、とてつもない強さを見せつけているバダを退ければ、申し分ない復活劇となるはず。

実力は伯仲……というより、どちらも今日はものすごく強いので、どっちが勝ってもまったくおかしくないという非常に楽しみな決勝戦でした。

しかし……結果はご存知の通り。

まず、何よりも言えることは、この結果が無念でない者など一人としていないだろうということでしょう。
不本意な優勝となってしまったレミーといい、自らの過ちで夢破れたバダといい、チャンピオンを、この決勝の舞台を目指して戦ってきた数多のファイターたちといい……。そしてもちろん、そんな彼らを応援し続けてきたファンといい。
運営・製作側としても、今度ばかりはファン離れも深刻かと。

ただ、はなはだ不謹慎な意見だと承知しつつ書いてしまうならば、私としてはこの結末まで含めて今大会、非常に面白かったです
いや、大会が台無しになったことを面白がっているとかじゃなくて、ドラマとして。
バダ・ハリというファイターの物語として見た場合、これはとっても劇的じゃあないですか……。

「悪童」という触れ込みで登場し、あらゆる意味で衝撃的な姿を見せてきたバダ・ハリ。
しかし後々の戦いで、その実力が本物であること、K-1とファンを愛する心や、他のファイターへのリスペクト精神を持っていることも、自ら証明する。
上でも書いているように、今大会はそんな彼の総決算と言ってもいい試合続きだったわけで……。
しかし肝心要、正真正銘最後の大舞台でやってはならないことをやってしまった。
自らのすべてを賭けるべき一戦で、さらけ出されてしまったのはファイターとしての闘争本能、暴れん坊だった過去から来る凶暴性。ダウンした相手へ追撃、しかもレフェリーの制止を振り切ってのストンピング攻撃……。
一年に渡るK-1グランプリを締めくくる、チャンピオンの座を賭けた舞台でのこの暴挙は当然許されるはずもなく、前代未聞の失格、反則負け。

もうね、これはどこの間柴vs沢村戦だと(はじめの一歩)

漫画の世界と血も涙も流れる現実の試合を一緒にするのはまったくもって不謹慎だと思うのですが、あまりにドラマティックだと感じずにはいられませんでしたねぇ。

対戦相手であるレミーもそう。復活を期したこの大会で、せっかく直前までいい試合を見せていたのに、結果がコレでは……。
優勝決定後の涙が印象的でした。チャンピオンに返り咲いた感激ももちろんあるだろうけど、悔しさ、情けなさ、無念の涙であったことは間違いないでしょう。
自らもそのようにコメントしているようですし……。

なんというかこう……。
相手がレミーでなければここまでしなかったんじゃないかとも思ってしまいますけどね。
バダのような激情家の熱血漢には、レミーのある種、割り切ったクールさは怒りの対象になってしまうというか。
元々ファイターとして相性が悪く、因縁深いところのあったこの二人のこと。
そんな二人だからこそ、正々堂々、恨みっこなしの真剣勝負で決着をつけてほしかったというのがファンの願いではありましたが……。

スポーツとしては本当にあってはならない事態であり、非難が出ている様々な事柄についてしっかり議論されるべきだと思います。
ただ、物語(エンターテイメント)としては……本当に面白かったなあ。

とはいえ、この物語はすでに終わっていて、これから先は現実の問題
大会に携わる方々には真摯な態度で、K-1の前途に影を落とさないような対応をしてほしいと願っています。ファンとしては見守るしかないのですから……。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zonwaru.blog49.fc2.com/tb.php/12-d3ad4f30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

検索フォーム

目下、希望の星。

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。