スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめの一歩 New Challenger ROUND10「噛ませ犬」~感想

↓1巻はちゃんと宮田が主役のイラスト……でした↓
はじめの一歩 New Challenger VOL.1 [DVD]はじめの一歩 New Challenger VOL.1 [DVD]
(2009/04/22)
喜安浩平小山力也

商品詳細を見る


私自身、絵とかまったく描けない人なので、普段アニメを見る時でもそのへんのクオリティについてはほとんど気にしない(多少拙く見えた時でもそこは積極的に)のですが、やっぱり作画がいいアニメは見ていて気分が良いな!!

(そのテンションで『空を見上げる少女の瞳に移る世界』もとても楽しく見ています)

今回は『New Challenger』開始以来でも一番の、ハッ! とさせられる作画レベルだった……ような気がします。(弱気) 

なぜボクシング描写の無い今回に注力を? と思わないこともないですが、戦いに向けて両選手が決意を固めていく内容であった今回、その心情の移り変わりと、さらにその奥にある感情のうねりを、引き締まった表情作画がしっかりと伝えてくれていたように感じました。

とくに、控え室でハンマー・ナオが感情を爆発させるシーンはお見事。(笑)

ここは原作でも、ナオの本心が明かされて「ああ、やっぱりゲロ道はゲロ道だったんだ」と感動、安心すると同時に、「やっぱり、顔は怖くなったよね……」というギャップによる一種の笑いどころでもあった(と私は信じている)場面なので……。

ナオのド迫力とともに、そのある意味で「気の抜けた」雰囲気が再現されていて、嬉しかったです。(さすがに声の演技はシリアスでしたけど)

迎え撃つ一歩も、いつもはあまり見られない険しい(厳しい、かな?)表情が印象的でした。
そんな戦う顔、ボクサーとしての顔を垣間見ることで、否応なく今作における初試合へと視聴者のテンションも高まるというものです。

続きを読む »

スポンサーサイト

懲りずにWBC。

おととい14対2で勝ったチームと、さきおととい9対0、きのう14対0で勝ったチームが戦って、おとといコールド負けした方のチームが1対0で勝つ。

な、何を言ってるかわからねーと思うが(以下略)

……ホントに意地の悪い算数の問題みたいな文章ですな。

しかもこれは二日前の試合のことですのであしからず。

それにしても……野球って分からないもんだなぁ……。

よそのグループでも強化試合で日本に11点取られて負けていたチーム7点差をひっくり返して17点取って勝つとかアホみたいな(失礼)試合やってますし、どこでもそんな感じなんでしょうかね。

やはりWBCには魔物が棲んでいるということか……。

まあ前大会と違って、今のところ一種異常な試合が続いてはいますが異様な雰囲気にはなっていないので、見てて気を揉むってほどじゃないですけども。

次の日本の相手はキューバなのかな?
正直日本の実力の程度がよく分からなくなったところで最強の呼び声高い強豪を迎えることになるとは……。


……もうどういう気持ちで見守ったらいいのか分かりません先生!!


 | HOME | 

検索フォーム

目下、希望の星。

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。