スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめの一歩 New Challenger ROUND7「悪魔の降臨」~感想

はじめの一歩 New Challenger VOL.1 [DVD]はじめの一歩 New Challenger VOL.1 [DVD]
(2009/04/22)
喜安浩平小山力也

商品詳細を見る



王者、モード「完璧」からモード「最強」へ。

皮肉にも、試合前に伊達さんが評した通りの「神」と「悪魔」双方の顔、両極のファイトスタイルを見せつけられることになってしまいました。

先週までの高揚感はどこへやら、今週後半に至っては3~9ラウンド(つまり試合の実に半分)を圧倒的に追い詰められ続けるという悲壮な展開に……。

ようやくまともに喋り出したリカルド・マルチネスですが、その存在感たるや想像以上。
個人的に熱演・怪演の印象を持っていた菅原正志さんも、実に落ち着き払った声音でその底知れない冷厳さと迫力を味わわせてくれます。

うん、やっぱりこのくらい低い声でも王者の威厳みたいなものが感じられていいかな……。
なんというか、そういう低くて渋い声の人がべつだん凄みを利かせるでもなく、あくまで静謐に喋ることによって、かえってその内面の深みを想像させるというか。
たとえて言うなら明かりのない夜の海のような、ぞっとする恐怖感があります。

リカルドは作画もまた端正で、半ば顔芸レベルで崩されたボッコボコの伊達さんとの対比をより際立たせているようです。
これ、原作を読んでいる時も「ここまで描かんでも森川先生……」とか思ったっけなぁ……などと、当時の感覚を思い出したり。

魍魎の時と感覚とよく似ている、やはりこの枠は私を裏切らないッ!!

続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME | 

検索フォーム

目下、希望の星。

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。