スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『魍魎の匣』第12話 「脳髄の事」~感想

↓関口君、一巻目には匣が憑くんだよ?↓
魍魎の匣 第一巻 [DVD]魍魎の匣 第一巻 [DVD]
(2008/12/21)
平田広明森川智之

商品詳細を見る


↓加菜子&頼子の次は敦っちゃん……と、その兄貴。非常に正しいと思います!↓
魍魎の匣 第二巻 [DVD]魍魎の匣 第二巻 [DVD]
(2009/01/21)
平田広明森川智之

商品詳細を見る




「陰陽為奉」(おんみょうしたてまつる)


私にはこう聞こえたんですが……。本当はどうだったんだろう。
実のところ、魍魎は毎回リアルタイムに一回見たっきりで感想を書いてきたので、今となっては「御行」なのか「陰陽」なのか聴き直すこともできないというね。

本家の「御行」ではなく「陰陽」と聞こえた理由は……「書いたのが関口だから」に他なりません。
あの黒衣の男が京極堂をモデルにしたキャラクターであるのなら、京極堂が使うのが陰陽の技と知っている関口ならばそうしたセリフにするだろうと……。そういう安易なことをするヤツなんだあいつは!!

「御行為奉」(おんぎょうしたてまつる)
は、京極夏彦先生の妖怪シリーズと並ぶ代表作、直木賞受賞作も含む『巷説百物語』シリーズの主役、御行の又市の決め台詞です。
「仕掛け」を完遂した後、手に持った鈴をりん、と鳴らしながらこのセリフを呟くのですね。

本作でも、アバンではよく鈴が鳴っていて……残暑も厳しいから風鈴の音なのかなーとか思っていたのですが、今回の黒衣の男の鳴らしっぷりはさすがに「おいおい、お前は又市か」と思っていたら本当に上記のセルフパロディセリフを言っちゃったという……。
いや、アニメスタッフのやったことだからセルフじゃあないんですが。

ってゆーか、言っちゃったね。つーか言わせちゃったね。というより出ちゃったね!!


黒衣の男、京極夏彦!!


相変わらずのイイ声と演出力(演技、ではないかな)です。
ご本人は公式サイトのインタビューで「よく声の仕事をやらされて困る」みたいにぼやいてましたが、そりゃああんたがうまいから呼ばれるんですよ。呼びたくなっちゃうんですよ。

実際、上記の『巷説百物語』がアニメ化された時には、又市たちの元締め(黒幕)的存在である「京極亭」役としてセミレギュラー出演されてましたからね……。
顔は出さずに「京極亭」の看板だけで喋る(いわゆる「天の声」的な)役どころだったんですが、これがまたイカしてたんだ。
又市役の中尾隆聖さんにも負けてなかったよ。……というのはさすがに言いすぎですか。

百物語シリーズと妖怪シリーズは、時代こそ江戸(あるいは明治)と昭和と大きく隔たっていますが、直接的に繋がっている作品だったりもします。俗な言い方をすると「同じ世界観の元に作られている」とでも言いますか。
文末にリンク貼っておくので興味があればお読みになってみてください。

続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME | 

検索フォーム

目下、希望の星。

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。